令和4年度大江町地域おこし協力隊募集中

2022年06月14日

大江町まちなか交流館ATERAを拠点に活動していただける地域おこし協力隊を募集しています。
ATERAカフェスペース

 

1.募集人数

1名

2.活動内容

 大江町まちなか交流館ATERAを拠点として、にぎわいづくりのため、地域行事やイベントの応援、地域ブランドや地場産品の開発・販売・プロモーション、空き店舗活用などの商店街活性化、都市との交流事業・教育交流事業の応援、移住者受け入れ促進、地域メディアでの情報発信等の内容で活動してください。

3.募集対象

・3大都市圏※をはじめとする都市地域等(過疎地域等条件不利地域を除く)から大江町へ移住し(住民票を異動し)、概ね1年以上3年までの間で活動することができる方

※3大都市圏…埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県の区域の全部

・心身ともに健康で、住民と協力しながら意欲的に行動できる方

・普通自動車運転免許を有する方 ・納付義務のある税について滞納していない方

4.勤務時間

勤務日数・時間

 週5日(週休2日)・1日あたり7時間00分(1週間につき約35時間)を基本に、活動内容等により調整して割り振りします。

休日

 原則週休2日制です。半年以上の勤務で年次有給休暇10日付与(年間)、その他夏季休暇(有給)3日、祝日及び年末年始休暇(12月29日~1月3日、無給)、振替休暇あり。 ※国の制度改正や町の予算措置により変更になる場合があります。

5.勤務条件等

雇用形態

大江町パートタイム会計年度任用職員

勤務場所

大江町まちなか交流館ATERA、ほか内容に応じて町内各地で活動します

隊員報酬

時給1,167円(ほか期末手当あり)

月額の例:1日7時間勤務、日額8,169円、月21日勤務の場合171,549円。所得税、社会保険等を控除後、毎月10日を基準に口座振込により支給。

活動用備品等

 活動用車両貸与(軽自動車)、パソコン貸与。※活動用車両とパソコンは着任後に手配しますので、在庫不足等の影響により準備できるまで期間を要する場合があります。

生活関連

 住宅の賃借料、火災保険料、修繕料は、予算の範囲内で町が負担します。

※光熱水費、通信料、家電製品等は個人負担。住宅は民間アパートを予定。

研修費、その他活動経費

 活動に必要な研修やその他資機材等の経費は、予算の範囲内で対応します。

6.活動期間等

 着任の日から令和5年3月31日まで

※地域おこし協力隊としての活動期間は最長3年間です。町の会計年度任用職員として年度ごとの任用となります。町職員としてふさわしくない行為等があった場合は、委嘱期間途中であっても任用を取り消す場合があります。

7.応募手続

次の申込書類を、下記の申込先へ提出してください。

申込書類

  • 大江町会計年度任用職員採用試験申込書 

wordファイル「会計年度任用職員採用試験申込書」をダウンロードする(DOCX:18kB)

pdfファイル「会計年度任用職員採用試験申込書」をダウンロードする(PDF:406kB)

  • 地域おこしアイデアノート(別紙参考様式または任意の形式可)

wordファイル「地域おこしアイデアノート別紙参考様式記入用」をダウンロードする(DOCX:15kB)

pdfファイル「03地域おこしアイデアノート別紙参考様式」をダウンロードする(PDF:289kB)

  • 現住所の住民票抄本

  • 現在居住している市区町村税の納税証明書

  • 自動車免許証の写し

 随時受付します。採用の決定により募集を終了します。

8.選考

申込書類の審査と面接を行い、採否を決定します。面接の日時は、応募状況により調整して通知します。書類の提出や面接に要する経費は申込者負担となります。面接の際は、申込書類の「地域おこしアイデアノート」の内容を10分間程度でプレゼンテーション及び面接官から質疑応答していただきます。プレゼンテーション用ソフトを使用する場合は、申込時に申し出してください。

9.採用の決定

申込書類の審査と選考結果により採用の内定等を行い通知します。

10.申込み

〒990-1101 山形県西村山郡大江町大字左沢882-1

大江町役場 地域振興課 移住・定住推進室 地域交流係

TEL 0237-84-1503 FAX 0237-62-4736

E-mail iju@town.oe.yamagata.jp

 

令和4年地域おこし協力隊募集要項全文

pdfファイル「令和4年地域おこし協力隊募集要項」をダウンロードする(PDF:823kB)

pdfファイル「大江町地域おこし協力隊設置要綱」をダウンロードする(PDF:145kB)

 

地域おこし協力隊受入施設の紹介ATERA外観

 活動拠点の大江町まちなか交流館は、戦前期に建てられた鉄筋コンクリート造の元銀行の建物で、平成25年に町へ寄贈していただき、平成27年度に重要文化的景観の重要な構成要素に指定されました。

利活用にあたっては、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科の協力を受けワークショップを開催して計画をつくり、平成30年にATERAとしてオープンしました。

 

 

 

ATERAレンタルスペース

1階はカフェスペース、2階は貸ホールとコワーキングスペースとしてもお使いいただけるラウンジになっています。カフェは、オリジナルの左沢ブレンドやおからクッキーが好評を博しており、のんびり過ごせるおしゃれスポットになりました。2階の貸ホールは、若い年代に多く利用いただいています。

また地元、左沢高校等の活動の拠点として利用が増えてきました。まちなか交流館スタッフと地域おこし協力隊が、活動のコーディネートの役割を担って活動しています。