トップ  >  組織一覧  >  各課からのお知らせ  >  「農地パトロール(利用状況調査)」に伴う調査員の立ち入りについて

農地パトロール(利用状況調査)に伴う調査員の立ち入りについて


農地法により、農業委員会において「農地の利用の状況についての調査」を実施することが義務づけられております。今年度も「農地パトロール(地用状況調査)」を行います。調査に際し、調査員が所有地に立ち入る場合がありますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

▼ 事業名/「農地パトロール(利用状況調査)」

▼ 調査期間/8月~10月

▼ 調査員/農業委員・農用地利用改善組合員ほか区農地精通者・町職員

▼ 調査内容/農地の利用状況等についての調査を行い、下記に該当する農地があるときは、その農地の所有者に対して指導を行うものです。

《対象農地》

① 1年以上にわたり農作物の作付けが行われておらず、かつ、今後も農地所有者等の農地の維持管理(草刈り・耕起等)状態や農業経営に関する意向等からみて、農作物の栽培が行われる見込みがない農地

② 農作物の栽培は行われているが、周辺の同種の農地において通常行われる栽培方法と認められる利用の様態と比較して、その程度が著しく劣っている農地    

※ お問い合わせは、農業委員会事務局 ☎(62)2868まで 


翻訳