トップ  >  組織一覧  >  各課からのお知らせ  >  平成27年8月から介護保険利用者負担割合が変わります

    平成27年8月から介護保険利用者負担割合が変わります

  • 介護サービスを利用する際、利用者はその費用の一定割合を負担します。これまでは、所得にかかわらず1割負担でしたが、介護保険法の改正に伴い、平成27年8月以降に利用するサービスから、65歳以上の一定以上の所得がある方については2割負担になります。
  • 2割負担になる方・・・65歳以上で、「本人の合計所得金額が160万円以上」の方です。

    ただし、次のいずれかに該当する場合は1割負担のままです。
     1. 生活保護受給者
     2. 本人が町民税非課税
     3. 同一世帯の65歳以上の方が本人しかいない場合で、「年金収入+その他の合計所得金額(※)」が280万円未満の方(65歳以上の方が2人以上の場合は、その合計が346万円未満)

    ※「その他の合計所得金額」・・・合計所得金額‐公的年金等に係る所得金額(雑所得)
  • 介護保険負担割合証の送付
    要介護(支援)認定を受けているすべての方に、負担割合(1割または2割)を記載した「介護保険負担割合証」を7月下旬(予定)に送付します。
    8月以降に介護サービスを利用する際は、介護保険被保険者証と一緒にサービス提供事業者や施設にご提出ください。

    ※ 不明な点は、健康福祉課福祉係(電話62-2285)までお問い合わせください。

翻訳