トップ  >  組織一覧  >  各課からのお知らせ  >  まちづくり交付金事業事後評価

各課からのお知らせ

まちづくり交付金事業事後評価
  • まちづくり交付金事業(大江地区)事後評価の公表について

    ◆まちづくり交付金とは

    まちづくり交付金は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るため平成16年度に創設された制度です。

    ◆事後評価の目的

    まちづくり交付金では、事業実施の計画段階で、まちづくりの目標、目標を定量化する指標とその数値目標を設定し、事業最終年度において、各種事業を実施したことでまちづくりにどれだけの効果が現れたかを検証・確認する「事後評価」をおこない、数値目標の達成状況などの確認と事業の成果を踏まえたまちづくり方策を作成し、今後のまちづくりに活かしていくことを目的としています。

    ◆計画段階に設定したまちづくりの目標

    大目標

    質の高い居住環境を持つ新市街地の形成と、最上川舟運の歴史・文化を再発見するまちづくり

    目標1: 市街地周辺に少子高齢化に対応したゆとりある居住基盤づくりを進め定住人口の確保を図る。
    目標2: 遊歩百選「最上川舟唄のふるさと」の歴史・文化・景観を大切にしたまちづくりにより、交流人口の拡大を図る。
    目標3: 若者に魅力的なコミュニティスポーツ施設を整備し、新市街地のアメニティーを高め地域の活性化を図る。

    ※まちづくり方策
    事業を実施したことによって得られた効果、影響、ならびに事業実施過程を通じて得られた知見を活かして、これからのまちづくりの方向性を記したもの。

    ※アメニティー
    環境などの快適さ


    事後評価の詳しい内容はこちら

    大江のまちづくりはこちら


翻訳