トップ  >  最上川舟運文化  >  大江町の文化財  >  大江町内の文化財(文化財の紹介)

大江町内の文化財

文化財の紹介
  • [国指定文化財]

    名称

    左沢楯山城跡

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字左沢字元屋敷、楯山、裏山地内

    指定年月日

    平成21年2月12日、追加指定:平成22年2月22日

    種別区分

    国指定 史跡

    面積・員数

    248,511.72㎡

    説明

      寒河江大江氏の一族左沢氏が築いた城跡
    です。天正年間(1573‐92)から最上氏の直轄
    地となり、天和8年(1622)の最上氏改易後、酒
    井氏が新しく小漆川に城を築いて廃城となりま
    した。
      発掘調査では15世紀後半から17世紀初頭に
    かけて使われていたことが確認されていす。 掘
    立柱建物や池のような遺構が見つかっており
    城として造られた曲輪や切岸、堀切などの地形
    をみることができます。
      交通の要衝左沢に築かれた城跡は「左沢氏
    とその一族、伊達氏、最上氏との抗争を軸に展
    開した村山地方の中世から近世に至る動向を
    知るうえで、重要な城跡である」として、平成21
    年、国の史跡に指定されまた。


    左沢楯山城跡全景
    (赤い線が史跡の範囲です)

    城の地形(堀切)が残っています

    図・写真

    史跡の範囲
    史跡左沢楯山城跡の様子

    その他

    史跡左沢楯山城跡について、簡単にまとめたリーフレットです。
    史跡左沢楯山城跡リーフレット (PDF)

    城跡の縄張図を掲載しております。
    史跡左沢楯山城跡マップ (PDF)

    史跡左沢楯山城跡の整備基本構想です。
    ・史跡左沢楯山城跡整備基本構想(2012年3月発行) Part 1 Part 2 (PDF)

    平成23年度から史跡左沢楯山城跡の整備を目的とした発掘調査を進めております。
    年度ごとの発掘調査概要の報告書です。
    左沢楯山城跡調査報告書(12)(23年度、2012年3月発行) (PDF)
    左沢楯山城跡調査報告書(13)(24年度、2013年3月発行) (PDF)

    リンク

    全国史跡整備市町村協議会東北地区協議会ホームページ

  • [国選定文化財]

    名称

    最上川の流通・往来及び左沢町場の景観

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字左沢字元屋敷、楯山、裏山地内

    指定年月日

    平成25年3月27日

    種別区分

    国選定 重要文化的景観

    面積・員数

    255.9ha

    説明

      「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」
    は、「城下町及び河岸集落に起源を持つ、都市
    構造の重層及び都市機能の複合が特徴的な
    町場景観」として国の重要文化的景観に選定さ
    れました。
      選定された範囲内は、大きく3つの地区に分
    けることができます。
      中世に左沢楯山城が築かれ、現在、楯山公
    園(日本一公園)が所在する楯山地区。最上川
    舟運の航路であった最上川地区。小漆川城の
    城下町であり、最上川舟運河岸とともに繁栄し
    た左沢町場地区。各地区には、当地の暮らし
    に根差した生活文化が息づいています。


    最上川の流通・往来及び左沢町場の景観
    全景

    今も伝わる囃子屋台(おおえの秋まつり)

    図・写真

    「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」は大きく3つの地区に分けることができます。
    重要文化的景観の範囲と地区区分
    重要文化的景観の様子

    ※重要文化的景観の各地区の紹介
    最上川地区は、大江町域内の最上川(全長約9.7km)の河川区域です。現在も、最上川舟運で
    左沢を重要な中継地点となさしめた五百川峡谷の自然環境や舟運の難所、目印などの姿を見
    ることができます。
    最上川地区の概要 (PDF)

    左沢町場地区は、現在の左沢市街地一帯を指します。城や城下町のまちづくりと最上川舟運
    による繁栄が複合して形成された生活・生業の空間です。
    左沢町場地区の概要 (PDF)

    楯山地区は、史跡左沢楯山城跡を含む楯山一帯です。左沢楯山城は水陸交通の要衝に、南
    は最上川、北と東は檜木沢川に面する要害の地で自然地形を巧みに利用して築かれた城で
    す。
    楯山地区の概要 (PDF)

    重要文化的景観に欠かせない諸要素を「重要な構成要素」としています。
    重要な構成要素一覧 (PDF)

    その他

    「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」について簡単にまとめております。
    国選定重要文化的景観「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」リーフレット [2013年5月]
      (PDF)

    文化的景観の調査報告書です。大江町全域を対象とした調査の報告です。
    ・大江町と最上川の流通・往来の景観保存調査報告書[2013年3月]
     Part 1 Part 2 Part 3 (PDF)
     文化的景観の調査報告書

    左沢の選定範囲を対象とした文化的景観の調査報告と保存計画です。
    ・最上川の流通・往来及び左沢町場の景観保存計画書保存調査編・保存計画編 [2012年7月]
     保存調査編 Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 (PDF)
     保存計画編 Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 (PDF)

    重要文化的景観選定申出について簡単にまとめています。(選定申出時に作成)
    国重要文化的景観の選定申出についてリーフレット[2012年2月] (PDF)

    リンク

    文化庁ホームページ

    山形県ホームページ

  • [県指定文化財]

    名称

    神代カヤ

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字小釿22

    指定年月日

    昭和27年4月1日

    種別区分

    県指定 天然記念物

    面積・員数

    1本

    説明

      神代カヤは根回り9m、株立5本で9本の大幹
    を数えます。
      大幹は最大のもので根回りが3.5mで、木の
    高さは19mに及びます。盃状に枝を張り、樹齢
    約1,500年といわれます。


    神代カヤ

    名称

    松保の大スギ

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字小清547乙

    指定年月日

    昭和28年8月31日

    種別区分

    県指定 天然記念物

    面積・員数

    1本

    説明

      松保の大スギは根回り15mで、3mほど上部
    で多くの枝に分かれます。枝は四方に張り出
    し、垂れ下っています。高さは26mに及びます。


    松保の大スギ

    名称

    阿弥陀如来座像

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字三郷丙387

    指定年月日

    平成22年4月30日

    種別区分

    県指定 有形文化財(彫刻)

    面積・員数

    1躯

    説明

      平安時代後期(12世紀)の作で、平安時代の
    坐像では県内最大のものです。頭や体の前面
    は作られた当初の形状をとどめています。
      顔立ちは、京都平等院鳳凰堂の阿弥陀如来
    像(定朝作)を思いおこさせます。一木造りで、
    地方仏師が定朝様式を模したと考えられてい
    ます。
      西村山の宗教史・文化史を考える上で貴重
    な資料として指定されました。


    阿弥陀如来座像 指定時の調査

    護真寺の堂宇と阿弥陀如来座像

  • [町指定文化財]

    名称

    板碑

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字貫見661-1

    指定年月日

    昭和53年1月17日

    種別区分

    町指定 史跡

    面積・員数

    2基

    説明

      板碑とは梵字、年号、銘文を刻み、供養のた
    めに建てたものです。
      町指定の板碑2基は凝灰岩で、鎌倉時代と
    室町時代に建立されました。当時の宗教文化
    を語る本町唯一の貴重なものです。

     


    板碑2基

    名称

    大江町立歴史民俗資料館

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字本郷丁373-1

    指定年月日

    昭和54年8月30日

    種別区分

    町指定 建造物

    面積・員数

    1棟

    説明

      大江町立歴史民俗資料館は、大江町七軒地
    区の十郎畑にあった斎藤半助家住宅を移築し
    た建物です。
      斎藤家は、周辺村落の地主として寛文年間
    (1600年代)から知られる旧家です。江戸時
    代、小清村の名主であり、青荢・漆ロウ・養蚕な
    どで栄えた商家でもありました。
      母屋は文政6年(1823)の建築で、高い根太
    天井をあげ養蚕農家としての民家形式です。
      土蔵は米蔵で、後に養蚕にも利用したとみら
    れます。母屋より古い建築と考えられます。


    資料館の外観

    資料館母屋の内部

    名称

    御戸帳

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字本郷丁373-1

    指定年月日

    昭和60年3月23日、追加指定:平成23年12月20日

    種別区分

    町指定 工芸品

    面積・員数

    59点

    説明

      「御戸帳」は中の畑雷神社に奉納されていた
    戸帳です。江戸時代から七軒地区の重要な商
    品作物だった青荢の糸を利用して、地元の女
    性が織ったと思われる布で作られています。
      年代が明確なものが43点あり、宝暦5年
    (1755)~明治11年(1878)の年号を確認するこ
    とができます。
      一つの神社に、長い年代にわたって地元製
    の布で作られた戸帳が奉納されていることは県
    内でも珍しく、大江町の産業と信仰の実態を知
    る上で民俗資料、歴史資料としても重要なもの
    であることから、町の文化財に指定されていま
    す。


    御戸帳(文政8年)

    御戸帳が奉納された中の畑の雷神社

    名称

    左沢城主酒井直次の墓

    名称

    左沢城主酒井直次夫人の墓

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字本郷己525

    指定年月日

    平成元年3月8日

    種別区分

    町指定 史跡

    面積・員数

    各1基

    説明

      江戸時代初めに左沢藩主となった酒井直
    次は、小漆川城の築城や城下町の造成
    など重要な役割を果たしました。
      直次の墓は「寛永拾癸酉年」の銘がある
    五輪塔です。

     
    酒井直次の墓    酒井直次夫人の墓

    名称

    巨海院山門

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字本郷己7

    指定年月日

    平成元年3月8日

    種別区分

    町指定 建造物

    面積・員数

    1棟

    説明

      左沢藩主酒井直次は、江戸時代のはじめこ
    ろ小漆川に城を築きました。巨海院の山門は
    その城の門と伝われています。
      建築年代は元和8年(1622)から寛永の初め
    ころ、巨海院への移設は慶安元年(1648)こ
    ろと推定されています。


    巨海院の山門

    名称

    矢引沢の大スギ

    所在地

    山形県西村山郡大江町大字柳川1063

    指定年月日

    平成3年9月20日

    種別区分

    町指定 天然記念物

    面積・員数

    1本

    説明

      矢引沢の山神神社境内にあります。
      根回り11m、幹周り6.5m。主幹の各部からタ
    コ足状に太い枝が分かれ、高さは28mに及びます。
      樹齢約1,000年といわれます。


    矢引沢の大スギ


翻訳