トップ  >  最上川舟運文化  >  大江町の文化財  >  史跡左沢楯山城跡の様子

大江町の文化財

左沢楯山城跡
  • 史跡左沢楯山城跡の様子


    左沢楯山城跡の航空写真、上が北の方角です。


    左沢楯山城跡の航空写真、南東から。手前が最上川です。

    南から撮影した左沢楯山城跡。手前の最上川にかかる旧最上橋の奥が左沢楯山城跡です。

    左沢楯山城跡の山頂「八幡座」。楯山公園から北に望むことができます。 

    主殿とみられる建物跡がみつかった「ゴホンマル」の発掘調査の様子です。

    山頂「八幡座」付近には平らに造成された「曲輪」が連なります。

    楯山城跡内の井戸跡です。

    城内で最大の面積を誇る曲輪「寺屋敷」上部に造られた急斜面「切岸」の様子です。

    「寺屋敷」の上部にも曲輪が連なります。

    楯山公園から延びた尾根を断ち切る「堀切」の跡です。

    楯山公園東側に位置する「千畳敷」の様子です。

    「寺屋敷」で見つかった建物や石組の跡です。

    史跡内の楯山公園(「日本一公園」)からの眺望です。


翻訳