トップ  >  温泉  >  柳川温泉

温泉

柳川温泉
  • 奥おおえ柳川温泉について

    おおえいで湯物語

    奥おおえ 柳 川 温 泉

    ここ柳川には、人やまない郷愁の心をよびさましてくれる日本の原風景があります。
    豊かな自然と静けさのなかで都会の喧騒からはなれ、湯の恵みですべてをほぐしてみませんか・・・。
    山あいの温泉宿「奥おおえ柳川温泉」にぜひ一度足をお運びください。

  • 日帰り入浴

    営業時間 [3月~10月]6時~21時/[11月~2月]6時30分~21時
    入浴料 小人(小学生) 100円 大人 300円 (割引回数券13回券) 3,000円
    休館日 第1火曜日
    ※休館日が変更になる場合があります。詳細な日程は大江町産業振興公社HP
      お知らせ(トップページ下部)をご覧ください。
    TEL 0237-64-2151
    住所 〒990-1274 山形県西村山郡大江町大字柳川1502-3
    交通 左沢駅からバスで40分
    お問合わせ 柳川温泉 くわしくはこちらへ

    柳川温泉は芒硝泉と呼ばれる温泉で、全国の名湯をまねた入浴剤などに抜擢されるのがこのタイプです。
    屋外には足湯もあり、旅の疲れを癒してくれます。 

     

    そしておすすめなのが「そば」。
    地元の名人たちが講師となり、毎週土曜日に『そば道場』が開かれます。3名様以上で予約が必要です。
    柳川温泉は日帰り温泉利用と併せて、地元食材をふんだんに使った食事付宿泊がお得です。また、自炊可能な施設もありますので、長期滞在には最適です。

     

    露天風呂でゆっくりと 石造りの浴槽からは、緑したたる大自然を眺望することができ、柱にヒノキ、男女の仕切塀には青森ヒバを使い、初夏には町の花アジサイが咲きほこります。
    広々とした開放感が大人気。ぜひ一度、ご利用ください。

    柳川温泉分析書からみた効能等(源泉名:大江4号源泉)
     柳川温泉の新源泉は、無色透明にして僅かに塩味を有し硫化水素臭を有すると知的試験の結果ですが、泉質は含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で、保温効果がよいので、特に温まる温泉「熱の湯」といわれます。
     浴用の適応症として、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等。
     飲泉の適応症は慢性消化器病、糖尿病、痛風、便秘。

  • 休憩

    8畳間(1時間当たり) 500円
    10畳間(1時間当たり) 600円
    12.5畳間(1時間当たり) 700円
    大広間(1時間当たり) 300円

  • 宿泊

    1泊2食付の宿泊料金表(大人1名様・税抜き)
    宿泊棟A (各5部屋)
    各部屋に台所・トイレ付
    平日 7,000円 休前日 7,500円
     
    宿泊棟B (各5部屋)
    台所・トイレ共同
    平日 6,000円 休前日 6,500円

    ※部屋貸し(自炊)
    B棟のみ、平日3,700円 ・ 休前日4,200円
    ※表示料金は1部屋2名様以上ご利用の場合に限ります。

    [摘要]
    (1)休前日とは日曜日、祝祭日の前の日のことです。
    (2)入湯税、消費税は別途徴収させていただきます。
    (3)冬期間は暖房費1部屋500円申し受けます。
    (4)チェックイン 15:00  チェックアウト 10:00
    (5)小学生は表示料金の70%、幼児は50%となります。
    (6)追加料理のメニューをご用意いたしております。
       3日前までのご予約をお願いいたします。

  • 申し込み・お問い合わせ

    柳川温泉 TEL:0237-64-2151